女性も有料にする理由

最近は、男性のみ有料の課金制の出会い系サイトが増えているようです。背景には、あまりに男性会員の比率が多すぎるために、男性のみ課金をして、無料で入会できる女性会員を増やし、比率を調整したいという業者の思いがあるようです。
とはいえ、男女共に有料というサイトもまだ沢山存在しています。男女どちらにも課金する事で、いわゆる「冷やかし半分」の顧客を減らそうという狙いがあるようです。

典型的な例としては、結婚情報サイトがあります。結婚を目的としているため、なおさら冷やかしのお客はご遠慮願いたいという訳です。結婚相手には経済力も必要ということで、料金も高めに設定してあるようです。
また、結婚情報サイトの特徴としては、定額制のシステムを取る業者が多いことが挙げられます。大手の業者になるほど、その傾向は強いようです。中には、定額制とポイント制を組み合わせたシステムを取る業者もあります。

結婚情報サイトに限らず、一般的な出会い系サイトでも男女有料のところは見られますが、やはり婚活等の、真剣な出会いを求めるサイトが多いようです。結婚は一生の問題ですから、お金に糸目は付けられないというところでしょうか。
しかし、肉体関係だけに割り切ったものを求める場合も、経済力のある相手のほうが金銭トラブル等になるリスクも低いため、男女ともに有料であるところが多いようです。料金制度というものは、顧客のレベルをある程度絞り込んでくれる役目も果たしているようですね。

もう一つ、いわゆる「熟女系」の出会い系サイトも、男女有料が多いようです。この場合は、むしろ女性のほうが男性との出会いに熱心であることが理由の一つです。
結婚情報サイトのように、真剣な出会いを求めるわけでもないようなサイトで男女有料のサイトには、キャッシュバック・ポイントバックといったシステムが見られます。どういうものかというと、女性会員が、画像や動画、日記といった情報をアップして、その評価によって現金やポイントがもらえるというものです。
女性からすれば、この仕組みをうまく活用すれば、料金の元を取ることができますから、魅力的と言えるでしょう。

このほかに、健全とはいえない目的で女性から料金を取るサイトも在るようです。
いわゆる「サクラ」というのは、男性会員に対して女性が仕掛けるパターンが一般的でしたが、最近はその逆のパターンが増えているというのです。お金を払ってでも男性と出会いたいという女性が増えていることが背景になるのでしょうか。
また、まともな女性会員が増えては、かえってサクラ活用する事が難しくなるために、女性も有料にしているサイトもあるようです。
いやはや、そこまでするか、という感じですね。

女性利用者を多く獲得するには

どうしても出会い系サイトとなると男性利用者ばっかりというイメージが先行してしまいますが、確かに女性の割合が多い出会い系サイトはあっても、その多くがサクラと言う残念なところも少なくありません。と言うより、女性利用者が圧倒的に多い出会い系はちょっと怪しいという見方が正しいのかもしれませんね。こう言う世界ではサクラも普通に存在しますから、いかにサクラを掴まされないようにするかが肝心なところでしょう。

出会い系サイトは男性利用者が多いと言うのが一般的であり、それに対して女性利用者の割合は本当に少ないものです。もちろん、男性側は女性を求めてサイトに登録するわけですが、少ない女性の中から特定の女性をチョイスしても、狙っているのは自分だけとは限らず、必ずと言っていいほどライバルの存在があります。

従来の出会い系であれば、こんな効率の悪い環境の中でも男性側はやむなく競走率の世界に飛び込まなくてはいけません。それ故に、出会い系での成功率は本当に乏しい、メールアドレス交換が出来るだけでも奇跡的だと言われる程です。男性利用者が多いのは仕方ない、それでも少ない可能性に飛びつくしかない、それが現実でした。
しかし、サイト側もこの現状のままでは利益にも関わりますから、女性利用者をどうにかして取り込もうと尽力します。それが、男性有料・女性無料というシステムを作り上げたことにも繋がります。

女性利用者を増やしたことで自然と男性利両者も流れ込んでくる感じになり、サイト側、女性側、男性側この三者共にメリットを受けられるという形です。サイトはとにかく女性ユーザーの獲得に乗り出し、女性受けしそうなサイトデザインにしたり、サービスコンテンツをもっと充実させると言った工夫、それに加えサイト全体の雰囲気や他とは違う個性的なインターフェースを取り入れるなど、ユーザーを取り込むための努力が見られます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ